2009年1月30日金曜日

新しいインターフェース その2

日頃コトコトとコードを書いたりするわけですが
ふと、思うのです。プログラマーはボクサーのようだと。
え、なんでって?
そりゃ、あれですよ、打って打って打ちまくる訳じゃないですか、キーボードを。
FとJのホームポジションからくり出されるコードは
バグのテンプルを打ち砕くことでしょう。

しかし、マウスに気をとられ集中力が下がってしまう様なら
カウンターを受けるやもしれません。いけませんね、それは。いけません。
私は考えました。攻めと防御を同時にすることはできないだろうか。

攻防一体型のファイトスタイル。
うーんうーんと悩んで考えたのがこれです。


名付けてマウスボード!これを使えばホームポジションから手を離すことはありません!
仕組みはとても簡単。捨てられそうになってたマウスとキーボードを見つけて、くっつけるだけ。スペースの下あたりに右クリックと左クリックボタンをつけました。




もうデンプシーロールみたいなもんです!守ってたはずが、攻めてる!

もっとちゃんと作ろうと思ってるので
興味を持った方、お便りまってます。

1 件のコメント:

Ryo さんのコメント...

Make meeting お疲れさまでした。
会場で拝見させて頂いたものですが、とても刺激を受けました。

実行力!これからも面白い挑戦続けてください。

キーボードのスペースバーだけでも、タッチセンサーにならないですかね 笑

ちょっと考えてみます。